不動産投資会社の評判を検証【株式会社レイシャス編】

レイシャス急成長の秘密・ネット評判の真偽・物件価格が全て解る!

 

安定した資産運用ができる

ここではセンチュリー21 レイシャスが勧めるマンション経営の、金融商品としての特徴を紹介しています。 

金融商品としてのマンション投資

レイシャスのマンション経営は、ローリスクロングリターンの資産運用です。株や相場などのような専門的な知識が必要なく、資産を保持したまま安定した収益を得られることが特徴です。

安定した賃料相場

世界的な超低金利時代で預金金利は底を打ち、株式相場も不安定な中で賃料相場だけは安定を続けています。そのためマンション購入には低い金利のローンが利用でき、それに対して家賃収入が安定することから、高い利回りでの資産運用が可能になります。

マンション経営は低金利時代だからこそ高利回りで安定した不労所得が得られる、有効な投資手段だと言えます。

少ない予算で資産活用

不動産価格が下がりきった今こそ、マンション購入の好機です。特に都心部のワンルームマンションは買い時で、ローンを利用すれば月々の実質負担がほとんど必要なく資産を獲得できるメリットがあります。

また、預金や退職金でマンションを一括購入する場合でも、買い手市場になっている今がまさに買い時と言って良いでしょう。手取りの賃料収入が1室5万円のワンルームマンションでも10年間の運用では600万になることを考えれば、マンション購入は早ければ早いほど良いと言うことができます。

インフレに強い

インフレになると金銭の価値が下がり、物価が上昇します。マンション経営がインフレに強いと言われるのはそのためで、現金資産を持つ代わりにマンションなどの不動産として資産を持つことによって高度なリスクヘッジが可能です。

インフレに伴って物件の資産価値や賃料も上昇するので、常に物価と連動した収益が見込めることも大きなメリットでしょう。

高利回りが期待できる

センチュリー21 レイシャスの投資用マンションは全国800店舗超のセンチュリー21ネットワークで賃貸募集を行うため、空室率が低いことがメリットです。そのため利回りも4%と高く、他の金融商品と比較しても圧倒的に有利な投資だということが解ります。

【金融商品の利率と年間利率収入(平成25年)】
金融商品名 年間利回り 2,000万円投資に対する利率収入
マンション経営 4.0% 800,000円
ゆうちょ銀行定期貯金 0.035% 7,000円
国債 0.42% 84,000円
都銀定期預金 0.3% 60,000円
 
 
不動産投資会社の評判を検証【株式会社レイシャス編】